貼る女性ホルモン剤で女性らしい身体を手に入れよう

女性ホルモン

 

近年、バストアップを目指す女性の方や、低エストロゲン症、更年期障害、骨粗しょう症などの治療目的の方の間で注目を集めているのが、貼るタイプの女性ホルモン剤です。

 

ホルモン剤といえば、飲み薬や注射などが一般的でしたが、医療技術の発達とともに、貼り薬や塗り薬なども開発されました。飲み忘れなども多く、消化の過程で、有効成分が分解されてしまうという致命的な欠点から、ホルモンを高濃度で含有する必要があり、それによって、血栓症のリスクが高くなりがちな飲み薬と比べて、貼り薬では、貼付した部分の皮下の血管に、直接、女性ホルモンが吸収され、血液によって、全身に循環したのち、肝臓へと吸収されることから、効果的に、血液中のホルモン濃度を上げることが可能です。

 

そのため、飲み薬よりも低い含有量で済みます。

 

また、貼付している間は、継続的に、ホルモンの供給が行われるという大きなメリットがあります。

バストアップを目指す方は必見の貼り薬

豊満なバストは、多くの女性の憧れとも言えるものです。サプリメントを始めとする、健康食品や、筋肉トレーニンググッズなどでも、バストアップを目的とした商品が次々と発売されていることや、美容外科クリニックでも、豊胸手術を行うクリニックの多さが、女性の豊胸に対する関心の高さを物語っています。

 

そうした中で、人工的にバストを作ったり、効果が実証されていない健康食品などを使用するのではなく、女性ホルモン剤を用いて、自身のバストを育てる方も多くいらっしゃいます。

 

飲み薬ではなく、貼るタイプのホルモン剤であれば、数日間に決められた回数、貼り薬を貼り替えるだけですので、多くの手間がいらず、医薬品であるという安心感を感じながら、バストアップを目指すことができるという、大きなメリットがあります。そのため、若い世代の女性から、ミドル世代の女性まで、幅広い年齢層の女性に、非常に人気のホルモン剤になっています。

貼るタイプのホルモン剤は安全性の高い医薬品

自身で手軽に、女性ホルモンを補充することができる、女性ホルモンの貼り薬は、骨粗しょう症や更年期障害といった、加齢などの原因で、女性ホルモンが不足することによって、引き起こされる症状の緩和にも使用することができます。

 

また、豊胸手術よりも安全性が高い、サイズアップ法の一つとして、使用されることも多く、非常に注目度の高い医薬品の一つです。

 

バストのサイズアップを目指されるなら、安全で、効果の高い医薬品である、女性ホルモンの貼り薬を使用されるのも良いでしょう。貼り薬では、ほとんどのものが、数日に一度、貼り替えるだけという簡単な使用法となっていますので、仕事や家事などで忙しい方も、気軽に使用できます。

 

また、ホルモン剤は、女性だけでなく、性同一性障害にお悩みの、男性の方でも、使用することが可能ですので、使用を希望される場合は、婦人科などを受診した上で、使用されることをおすすめします。