女性ホルモンって種類があるの?

バストアップ

 

女性に多く分泌されているホルモンが、女性ホルモンということは知っているものの、その働きについて詳しくない人もいるでしょう。まず、女性ホルモンには2種類あります。

 

プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがその一つです。これは、妊娠や生理といったことに関係があるホルモンで、毎月の生理周期を整えることに重要な役割があります。

 

エストロゲンといわれる卵黄ホルモンは、女性のふっくらした体つきを作るためのホルモンです。男性よりも肌のきめが細かく、髪の毛のハリ・ツヤといった女性らしさも、このエストロゲンによるものなのです。

 

バストが小さいと悩む女性は、このエストロゲンの分泌が少ないことによる可能性もあります。バストアップのために毎晩マッサージを行い、バストアップサプリメントを試しているという人も多いのではないでしょうか。しかし、なかなか効果が出ないと悩んでいる人も多いようなのです。

女性がホルモン注射によるバストアップを望んだ場合

胸が小さくてコンプレックスという人は、案外多いものです。

 

洋服を着ているときであれば、寄せて上げるブラなどを使って大きく見せることも可能ですが、水着などの着用になるとそれも難しくなるでしょう。ただ、豊胸手術まではしたくないということで、もっと手軽な方法でバストアップを望んだ場合、女性ホルモンの注射を考える人もいるでしょう。

 

結果から言うと、女性ホルモンを注射することで、バストアップする可能性は極めて高いと言われています。

 

しかし、医師による医療行為であるホルモン注射は、女性の豊胸目的で行われることはほとんどないとも言えるのです。

 

これは、バストアップというメリット以外に、身体に様々な影響が出るからです。吐き気やめまいなどが起こる場合もありますが、むくみや体重増加が著しく起こることもあります。それどころか、乳がんや子宮がんのリスクも高まるとと言われているのです。そういったことから、単なるバストアップ効果を求めた女性ホルモン治療は難しいとされているのです。

医師による治療がしてもらえる場合

女性ホルモン注射というのは、一般的にはひどい症状の更年期障害や、不妊に悩む人に行われます。もともとホルモンバランスが乱れている人に対して、正常化するための治療の一環として行われるのです。

 

ただ、この場合はプロゲステロンが使用されることが多く、バストアップ効果はあまりないとされています。

 

エストロゲンを治療目的で使用する場合は、性同一性障害の治療が多いです。本人の希望と医師によるカウンセリングを受けた後に治療に入ることになります。

 

この治療も、すぐには行われるものではなく、慎重に判断をしたうえで行います。治療が開始した後も、定期的に血液検査を受けたり、健康診断を受けることが推奨されています。

 

男性がエストロゲン治療を行うと、体つきがふっくらしたり胸が大きくなる半面、筋肉量が低下したり体毛が薄くなるといった効果を得ることが出来ます。

 

豊胸目的であれば、バストアップサプリや食事による改善を目指した方がいいでしょう。