女性ホルモンとバストアップの関係

女性ホルモン

 

当然女性ホルモンは閉経していない限り、女性の卵巣などで生成されています。

 

 

妊娠を可能な状態を維持するために周期的な月経をもたらす他にも、血管の柔軟性を維持することで病気にかかりにくい身体作りに関与したり、皮膚や髪の毛の水分を保持するなど健康上も美容上も大きな効果を有しています。

 

しかし思春期以降は分泌量が低下していき、時には月経異常や子宮の病気の治療のために女性ホルモン製剤が処方されることがあります。このような女性特有の悩みに処方されることが多いのは低用量ピルです。

 

 

低用量ピル(ホルモン剤)により体内で不足気味の女性ホルモンを補うことが出来るので、これらのホルモン不足による諸症状の緩和が期待されます。その際の副次的な効果としてバストアップが生じてくることがあります。

 

これは女性ホルモンが乳房の発達に深くかかわりを持っており、体内での不足状態をホルモン剤により解消されるので、乳房の乳腺組織が活性化するおかげで胸のハリが回復してくるという機序になっています。

バストアップや豊胸とホルモン剤の関係

女性のバストを育てるのは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンです。エストロゲンは美肌ホルモンの異名もあるほど女性らしさを保つ上で、大きな役割を演じています。プロゲステロン(黄体ホルモン)は月経時に多く分泌されるホルモンで、胎盤の元になる組織を子宮内部で発達させるなどの役割を担っていますが、エストロゲン同様にバストにも関係しています。

 

 

エストロゲンは、乳腺組織に脂肪をつけるために作用し、プロゲステロンは乳腺自体を発達させます。この影響が色濃く出るのが思春期であり、バストが最も発達する時期にも重なります。この頃に胸が大きくなるのはエストロゲンとプロゲステロンのおかげと言えます。

 

例え年齢的にその時期を過ぎてしまっても、薬によってエストロゲンとプロゲステロンを補うことで分泌量の不足を補ったり、ホルモンバランスを整える効果により豊胸などの付随的効果を期待でできるわけです。

ホルモン剤の使用は適性に行うのが大切

このように考えると美容上の問題の中でもとりわけバストのサイズアップのためには女性ホルモンは特効薬のようにも思えます。しかしホルモンバランスが微妙なバランスのもとで機能しているので過剰摂取は副作用をもたらします。例えばエストロゲンの過剰な摂取は頭痛や体重増加、長期的には乳がんや子宮体ガンのリスクを高める可能性があります。

 

 

そもそも女性ホルモン剤は、医師の処方により不妊症や月経異常、更年期障害などの女性特有の病気の治療や症状の緩和に使用されているものです。低用量ピルも避妊以外にも女性特有の悩みの症状を緩和するなどの効果をもたらします。そのようなホルモン製剤を服用する過程で、結果的にバストアップがもたらされるとしても、それはあくまで付随的なものと認識するのが妥当です。

 

豊胸効果があるのは確かですが、それを目的に使用するのは過剰摂取のリスクがあるので、慎重な姿勢で臨むのが安全でしょう。