女性ホルモンはいい効果をもたらしてくれるけれども

バストアップ

 

女性ホルモンは女性にとってうれしい効果をもたらしてくれるということで有名です、艶のある髪の毛やすべすべとしたお肌、豊満なバストに丸みを帯びた女性らしい体型、更年期障害の軽減など書き出すときりがありません。

 

しかし女性ホルモンの過剰摂取には注意しなければいけません。豊胸の効果など嬉しい事は沢山ありますが過剰摂取すると体調不良に陥ったり病気のリスクが高まりひどい場合は死に至ることもあります。

 

普通に生活をしている限り過剰摂取になる事はありませんが女性ホルモン注射などを海外から取り寄せて自分で摂取した場合は過剰になることもあるので注意してください。

 

女性ホルモンは不足しすぎても健康被害が出ますが多すぎても問題があるので何でもバランスが大事になります

 

医師に相談し投与する場合は適量を投与してくれるので問題ありません。どうしても必要な場合は必ず医師に相談しましょう、くれぐれも自分で買わないようにしてください。

多いのは女性特有の疾患のリスク

女性ホルモンの過剰摂取のリスクで多いのが女性特有の疾患です。

 

乳がんや子宮がん、子宮内膜症や子宮筋腫などになります、これらはホルモンを投与していない場合でも元々女性ホルモンの多い方がなりやすい病気ですが特に過剰摂取しているとかかりやすくなります。

 

ホルモン投与によるメリットを得るためにガンになってもいいという方はまずいないでしょう。勿論エストロゲンの量も少なければ少ないほどいいというわけではありませんが適量を守らないと大変なことになる事は知っておいてください。実際に摂取しすぎたために健康被害が出てしまい後悔している方もいます。

 

勿論全ての人がこれらの病気になるわけではありませんが別の問題が出てくることもあります。

 

豊胸のためにホルモンを注射してもらうことは不可能ですがどうしても必要な場合は医師に相談しましょう。摂取が適切でないと判断された場合はホルモン注射をすることはできません。

病気にいたらなくてもこんな問題が出てくることも

女性ホルモンにより女性特有のガンになるリスクは高まりますが病気に至らなくても他の問題が出てしまうこともあります。

 

頭痛や吐き気、ホルモンのバランスが崩れることによる情緒不安定などもあります、実際に治療を受けている性同一性障害の方などはこれで悩まされている方が多いのです。他にも低血糖や甲状腺機能の低下などもあります。

 

これらは病気ではないのでそれほど問題ないと思われるかもしれませんが放置していると他の病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

エストロゲンは薬と同じようなものと思ったほうがいいでしょう、薬も適量であれば効果をもたらしてくれますが適量でなければ毒にしかなりません。

 

一般の人がそもそもエストロゲンを自分で購入し過剰に摂取する事は不可能ですが、最近では個人輸入により海外の通販から買うことができます。診察なしに買うことは命取りになり非常に危険ですので自分で判断して買わないようにしましょう