豊胸に欠かせない女性ホルモンとは

バストアップ

 

豊胸には女性ホルモンの働きが欠かせないという事は意外と知られていますが、そもそも女性ホルモンとはどのような物質なのでしょうか見ていきましょう。

 

その種類は2種類に分けることができますが、その一つはエストロゲンです。エストロゲンは通称美肌ホルモンと呼ばれるホルモンで肌や髪の毛を美しくする働きがあります。

 

具体的な働きは女性らしい体を作り、自律神経を整えます。また妊娠に備えて内膜を厚くする働きもあり、バストに対しても乳腺組を作る効果があります。

 

もう一つのプロゲステロンと呼ばれるホルモンは排卵後から次の月経にかけて多く分泌されるので、妊娠しやすい体に変化させる作用があります。

 

具体的な働きは受精卵を着床しやすくなったり、妊娠を継続させる働きがありますが、バストアップに関しては乳腺を発達させる働きがあります。

 

ちなみにプロゲステロンは妊娠中の母乳を生成するためにも欠かすことができない物質なので、豊胸にも欠かせない物質であることが分かります。

女性ホルモンが乳腺組織に作用するメカニズム

女性ホルモンの一種であるエストロゲンとプロゲステロンがバストに作用するメカニズムですが、そもそもバストは大胸筋を土台として約10%が乳腺組織、残りの90%が脂肪組織で作られています。乳腺組織を取り囲むように脂肪組織がついています。

 

そしてエストロゲンは乳腺を増やす働きがあり、プロゲステロンは発達させる働きがあります。そして、それらのホルモンの働きによって作られた組織に脂肪組織がついていきバストアップをするというメカニズムになります。

 

このようにバストの大きさは遺伝的な要素も大きいですが、生活習慣によって女性ホルモンの分泌が正常に行われているのかいないのかも重要な要素になります。

 

よく生理中や妊娠中に胸のハリを感じるのもプロゲステロンの働きが優位になっているからなので、そのことを考えてもバストアップに欠かせない物質である事が分かります。そして2種類のエストロゲンとプロゲステロンが欠かせないことも理解できたのではないでしょうか。

女性ホルモンの分泌を増やすには

女性ホルモンの分泌がバストアップに欠かせないことは理解できたかと思いますが、では分泌量を増やすにはどのようにすれば良いのでしょうか詳しく見ていきましょう。

 

分泌に関わる事柄は数多くありますが、やはり生活習慣が重要な要素を占めています。例えば質の良い睡眠や栄養バランスの取れた食生活、ストレスを溜め込まないなどが分泌量を増やすためには欠かすことができない要素です。

 

反対に分泌量を減らしてしまう要因は睡眠不足や偏った食生活、さらにはストレスを溜め込むのも原因に繋がりますが、多い原因としては過度なダイエットなども分泌量を減らしてしまう原因になります。

 

バストアップを目指すのであれば、これらの生活習慣に気を付ける必要があります。日頃からストレスを感じている方は自分に合ったストレスの発散方法を見つけて行うと良いでしょう。

 

また女性はダイエットをする方も多いですが、ダイエットも栄養が偏るような食事制限や、辛すぎる運動もストレスになるので注意が必要です。

 

これらのことに注意することで分泌量を増やせるので、バストアップにも繋がる事でしょう。

 

ベルタプエラリアのブログ